スポンサードリンク

ギャンブル依存症でお金を借りる人の特徴

ギャンブルを止めたいのに止められない、
それはギャンブル依存症である可能性が非常に高いです。
その特徴とは・・・

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症の特徴

1.ギャンブルでお金を稼ぐことが一番手っ取り早い方法だと思っている
2.ギャンブルは楽しい楽しいレクリエーションのひとつだと思っている
3.一発逆転を狙っていつか足を洗おうとか思っている
4.ギャンブルで勝つととにかく気分が高揚する
5.自分は必ず勝つ、勝てるとか思っている
6.前回負けた分は今回勝てば問題ないとか思っている
7.問題はギャンブルをする自分ではなく、お金がない自分だと思い込んでいる
8.止められなくても投資する金額を減らせば問題ない
9.依存症の治療を受ける時間もお金も無い
10.そもそも、自分がギャンブル依存症だとは思っていない

ギャンブル依存症というのは、いつ・誰が発症してもおかしくない病気の1つです。
ギャンブル依存症に陥った人のギャンブルというのは既に遊びや暇つぶしの域を超えたもの。

アメリカでは1980年~ギャンブル依存症をれっきとした病気として位置づけているほどです。
日本人ではおよそ6%の400万人がこのギャンブル依存症に罹っているといわれています。
この病気、本人だけではなく家族や恋人、友人と周りを巻き込んでしまう恐れもある怖い病気なのです。

 

ギャンブル依存症の怖さ

現在、日本にはおよそ400万人がギャンブル依存症に罹っているといわれています。
ギャンブル依存症の怖さとは一体どんなものなのでしょうか。

まず、ギャンブル依存症にはさまざまな問題が発生します。
お金問題時間浪費精神的な問題人間関係の崩壊などがあります。

中でもトップクラスで恐ろしいのはお金と人間関係の問題です。
ギャンブルにハマっている人の多くは金銭感覚が狂っています。
勝つと大金が入ってくるギャンブルですが、お金の価値観が変わります。

一度生活水準が上がるとそれを下げるのは大変難しく、
今度はギャンブルをするために借金をする人も。
日本のギャンブル売り上げ

パチンコ屋さんで自殺をする人は決して少なくありません。
これはもう何年も前から言われていますが、取り上げられないだけなのです。

以下引用

また借金を作りついにパチンコ屋のトイレで首つり自殺をした。
http://girlschannel.net/topics/236538/

朝から晩までパチ屋のCM→計画的に使うサラ金のCM→借金は減らせる法律事務所のCM→
自殺やめようのキャンペーンCMなにこの鉄壁のコンビネーション(‘A`)
https://twitter.com/zucca7

岐阜の者ですが 、地元のパチ屋でトイレで首吊り自殺者2人出ました・・!
実は僕もスロ板見て初めて知ったのですが・・
マスコミ報道されてないため、ごく一部の人しか知らないみたい・・
事件当日は工事中みたいにブルーシートを貼って、
極秘に現場検証して、女トイレを共同で使ってたらしいです。
http://twitter.com/kouki_2675

二週間くらい前に図景のパチンコやで救急車騒ぎ…
市内にはパトカー検問…何あった?
そこのパチンコやは前にも首吊り事件発生
http://twitter.com/sadasada825295

また、人間関係の問題も出てきます。
ギャンブル依存症になってしまった人の会話というのは、
ほぼギャンブル(パチンコや競馬)のことばかり。
ギャンブルをしない人は段々疎遠になってしまいますし、
子供がいる家庭の場合子供への悪影響も懸念されています。

ギャンブル依存症になってしまうと、
精神的に不安定になることが増えたり
暴力的になってしまうという恐ろしい問題もあります。

 

ギャンブル依存症を克服するには

自分はギャンブル依存症かもしれない・・・
と思っている人は是非ギャンブル依存症を克服する為に努力をしてみましょう。

ギャンブル依存症は一度罹ってしまうと
完全に回復するまでに3~15年ほどの時間が必要と言われています。

もちろん、ギャンブル依存症になってから間もないほど回復する時間も早いと言われているので、
是非ギャンブル依存症の自覚がある方はもちろん、
身近にギャンブル依存症の方がいる場合は治療を進めてみてはいかがでしょうか。

ギャンブル依存症にはさまざまな治し方があります。
ひとつは、お医者さんによる診断や治療、精神療法など。

グループでの教育や精神療法などを治療プログラムとし、
このプログラムに沿ってギャンブル依存症を克服していきます。

ですが、現在の日本ではギャンブル依存症の専門施設は極端に少なく、
このプログラムを利用出来る場所や医療機関も非常に稀です。

家族の助けもギャンブル依存症を克服するチャンスに繋がります。
ギャンブルに依存している人は、マイナスな感情を抱いていることが多いようです。
そこで、家族がこのギャンブル依存症に正しい知識を身に付けて
今後どう立ち回っていけば良いのかを知っているだけで、
ギャンブル依存症の家族と上手に付き合っていくことができます。
あたたかい家族関係というのはギャンブル依存症の回復に大きな影響を与えてくれます。

そしてギャンブル依存症の家族、友の会ギャマノン
お互いを助け合う自助グループで全国各地から参加者が集って参加しています。
こういったグループを利用して、
家族でギャンブル依存症を克服するのも1つの手段となります。

また、ギャンブラーズ・アノニマスなどの
グループ参加をするのも治療の1つとしてお勧めです。
http://www.gajapan.jp

このギャンブラーズ・アノニマスでは決まった日時・場所に集まって
ギャンブルと自分の関係を話し合い、
自分とまったく同じ境遇で苦しんでいる仲間の話を聞いたり相談するることができます。

ここでは、ギャンブルから完全に足を洗う為の有意義な情報が集まっているだけではなく、
仲間と一緒になって活動することで
ギャンブルを辞めた後の生き方についても
しっかりと学ぶことができるようになっています。

○○依存症の中でも、とくに多いギャンブル依存症。
この依存症を克服するためにはある程度の時間も必要になりますし、
家族や友人などの協力も必要不可欠です。
自分1人では中々辞められなかったギャンブルでも
誰かと一緒だったり誰かの支えがあると克服できるものです。

 

ギャンブル依存症 まとめ

ギャンブル依存症で苦しんでいる人は全国で400万人以上と言われています。
なんとなく軽い気持ちで始めたギャンブルが、どうしても辞められずに今日も行く・・・
という人も多いのではないでしょうか。

ギャンブルにハマりやすい人は、毎日の充実感を失っていたり、
なんらかしらの劣等感を抱えていたり、
憂鬱な気分が続いていたり空虚な気分な日が多いという方が多いようです。

こういった人がギャンブルを始めると、
このギャンブルにハマり込んでしまい
最終的には依存症になってしまうほど悪化してしまうなんてケースも多いようです。

ギャンブル依存症は克服することができる病気です。
専用の病院や施設の数はまだまだ少ないのが現状ですが、
ギャンブル依存症で悩んでいる人のためのグループは全国各地に存在するので、
ギャンブル依存症で悩んでいる人や身近にギャンブル依存症になってしまった人がいる方は
是非こういったグループを利用してみてはいかがでしょうか。

ギャンブル依存症は、本人はもちろん、家族や友人なども苦しめるだけではなく
この病気を放置しておくと社会復帰をするチャンスすら無くなってしまう恐ろしい病気なのです。

お金だけではなく、人間関係まで崩壊させてしまうギャンブル依存症。
是非、心あたりのある方は自助グループに一度相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク