スポンサードリンク

総量規制とは

2010年6月から賃金業法が変わり、そこで新しく登場したのがこの”総量規制”です。

 

ざっくり言ってしまうと、この総量規制とは賃金業者から年収の1/3しか借りられない、というものです。たとえば、年収300万円の人は100万円までしか借りることができませんよー、ということになりますね!結婚している方は、配偶者とあわせた年収の1/3以下になります。そしてこの総量規制には例外というものがあります。

総量規制対象外でお金を借りる

 

総量規制の対象になるのが、消費者金融・クレジットカード会社(の、キャッシング枠)、信販会社となります。”銀行”は、賃金業者ではないのでこの総量規制の対象外となりますので年収の1/3以上のお金を借りることができます。

 

 

総量規制にあてはまる借入

1.消費者金融からの借り入れ

賃金業者にあたる消費者金融からの借り入れは総量規制にあてはまるので、年収の1/3まで借り入れが出来ます。総量規制というのは、”個人”に対する借り入れの総額となるので、1社から年収1/3までではなくトータルで年収の1/3までの借り入れとなります。

 

2.信販会社からの借り入れ

信販会社からの借り入れも、総量規制の対象になります。信販会社は、クレジットカードなどを使って販売信用をしている会社のことを言いますがこれクレジットカード会社とはまったく別物になります。信販会社は消費者の代金を”立て替えて”支払ってくれる会社のこと。(クレジットカードは消費者が先に商品を受け取って後日後払いをするシステム。)

 

3.クレジットのキャッシング

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がそれぞれ設けられています。総量規制の対象になるのが”キャッシング枠”です。ただ、こちら銀行が直接発行しているクレジットカードの場合は例外で、このカードの場合賃金業者ではなく銀行が発行しているため総量規制の対象外になります。

 

総量規制対象外の借り入れ

1.リボ払い

このリボ払いは総量規制の対象外になります。クレジットカードを使ってリボ払いを利用している人も多いと思います。このリボ払いですが、総量規制の”既に借りている金額”に含まれるのかドキドキしてしまいますが、ショッピング枠は総量規制対象外、リボ払いを利用していても関係ないのです。

 

2.住宅ローン

年収の1/3までしか借り入れが出来ない規制が総量規制になりますが、住宅ローンも対象外になります。住宅ローンになると、年収の1/3程度では済みませんよね。総量規制というのは、例外や除外があって住宅ローンもこの中に含まれているのです。総量規制”除外”の貸付が住宅ローンなのです。

 

3.自動車ローン

自動車を購入する際に組む自動車ローンも”除外”となります。総量規制対象外となるため、年収の1/3以上の金額もローンが組めます。ちなみに、このほかにも総量規制除外となるのが高額医療や、手形の割引・不動産担保貸付・有価証券担保貸付などがあります。

 

4.銀行系カードローン

1 新生銀行カードローンレイク

レイクは、新生銀行の傘下となったブランドになります。これまで消費者金融だったレイクですが、新生銀行の傘下になったためレイクでの貸付は”総量規制対象外”になりました。これまで少額で借り入れを行っていた方が多いと思いますが、新生銀行になったことで高額・低金利で貸付を受ける方も増えてきています。

 

2 オリックス銀行カードローン

オリックス銀行も、銀行が行っている貸付になるので”総量規制対象外”になります。カードローンにとくに力を入れている銀行で、個人向けはもちろん法人向けだったり自動車関連・不動産関連など様々な事業を行っていることでも有名です。

 

3 三井住友銀行カードローン

メガバンクの1つ三井住友銀行の貸付も”総量規制対象外”です。低金利で人気があり、即日審査・即日融資が可能の銀行になります。既に三井住友銀行口座を持っていれば申し込みから契約までの手続きがすべてWEBで完結してしまう便利な銀行。

 

 

総量規制対象外で即日融資を受ける際の注意点

総量規制の対象外となる銀行での融資なのですが、注意点があります。

1.収入がない専業主婦が借り入れを行う場合は限度額はかなり低めに設定される
2.アルバイト・専業主婦・契約社員等の場合、借り入れが出来ない銀行もある
3.申し込む時間帯に注意が必要

 

総量規制対象外である銀行ですが、銀行での借り入れの場合消費者金融よりも審査が厳しかったり、審査に時間が掛かってしまうことが多いので即日融資を希望する場合は銀行が開いている平日(月曜~木曜あたりがオススメ)の午前中に申し込み手続きを行うようにしましょう。

 

総量規制対象外なら専業主婦でも新規借り入れできるのか?

年収の1/3を超える借り入れを希望する場合は、総量規制対象外である銀行での借り入れがオススメです。

 

銀行での借り入れは、基本的に正社員でなければなりません。ですが、専業主婦でも借り入れの申し込みが出来る銀行カードローンがあります。それが新生銀行レイクです。

 

こちらは主婦の方にも人気があり、総量規制対象外となるのでまとまった金額を借り入れすることが出来る可能性が高いです。

 

また、選べる2種類の無利息期間があるのも新生銀行レイクになります。また、バンクイックなども総量規制対象外のカードローンになるのでこちらも必見です。バンクイックの場合専業主婦は30万円を上限に即日での融資を受けることができます。

 

総量規制対象外+専業主婦+無利息期間がある、といった様々なメリットを持つ銀行となるので、こういった特徴を持つ銀行を選んでみたり、専業主婦でも申し込みが出来る銀行を選んでみると良いかもしれません。

 

総量規制対象外のカードローン まとめ

2010年から登場したのが総量規制になります。賃金業者からは年収の1/3を超える融資を受けられないというのがこの総量規制になりますが、総量規制には例外や除外があります。

 

その例外の1つが、銀行からの融資になります。銀行は賃金業者ではないので年収の1/3以上の融資を受けることが出来るのです。

 

そして、総量規制対象外でオススメな銀行カードローンは新生銀行カードローンレイク・オリックス銀行カードローン・三井住友銀行カードローンになります。

 

とくに専業主婦から人気が高いのがレイクになります。

 

総量規制対象外で即日融資を受ける際は、出来るだけ銀行の窓口が空いている時間に行うとスムーズなのでオススメです。

スポンサードリンク