スポンサードリンク

ブラックカードとは

アメックス

アメックスブラック

ブラックカードの代名詞ともいわれているアメックスセンチュリオンカード。

アメックスセンチュリオンカードは、アメックスプラチナ会員の中から、
年収や利用実績に応じて別途特別審査を行い、その条件にぴったり当てはまる人だけが
持つことを許される特別なカードになります。

実はこのセンチュリオンカード、登場した当初は年収数百万円のサラリーマンに対しても
インビテーションを送っていたことでも知られているので、
年収はあまり関係ない場合もあります。

ですが、アメックスのブラックカードは年会費が35万円+税となるため、
数百万円の年収ではこのカードを維持していくだけでも大変になってしまいます。

ですので、年収はあまり関係ないと言われているアメックスのブラックカードは
やはり年収1000万円以上である必要があるようです。

しかも現在では新規では新規会員を受け付けていません。
既存会員が辞めた場合に補充という感じで会員を受け入れるので
ただ単に年収が高いだけでは取得できないカードになっています。

取得難度が最も高いカードとして有名です。

ダイナース

16860691_P0.eps

ダイナースクラブが発行するブラックカードは
ダイナースクラブプレミアムカード。

現在、ダイナースクラブはシティバンクの傘下になっているので
シティバンクやシティーカードの取引条件も取得条件の中に組み込まれているのが特徴です。

このダイナースプレミアムカードの取得条件は明確にされていないのも特徴です。

ですが、ダイナースクラブの一般カードを取得するためには
年収600万円以上であることが条件になっているところを見ると、
ダイナーズクラブプレミアムカードはアメックス同様に
年収1000万円以上である必要がありそうです。

ダイナーズクラブは、
支払い実績がある
社会的ステータスを持っている
といったことを重視した条件も必須であると言われています。

三井住友

三井住友ブラック

現在、日本国内でもトップクラスを誇る知名度を持つ三井住友プラチナカード。
三井住友ではプラチナカードがブラックカードに相当します。

個人カードの最上位に君臨するこのカード、実はかなり充実したサポートの他に
きめ細かいホスピタリティーを持つことでも知られています。

年会費は5万円+税。申し込み対象者は原則して30歳以上で
本人に安定継続収入のある方。

更に、三井住友プラチナカード”独自の”審査基準により
インビテーションの案内が送られてくるというシステムになっています。

とくに細かい年収などは掲載されていないのですが、
恐らくブラックカードの審査基準の多くは年収1000万円が殆どとなるので
三井住友ブラックカードも同じように年収が1000万円以上である必要がありそうです。

JCB

JCB

日本国内唯一のブランドであるJCBにもブラックカードは存在します。
そのカードはTHE CLASS(ザ・クラス)。

カード自体が真っ黒なので、JCBのブラックカードがこのカードになります。
年会費は5万円+税。JCBゴールドに加入し、利用状況や年収に応じて
インビテーションが送られそこから申し込みができるというシステムになっています。

取得条件は、年齢制限の他に自家保有などの細かい条件が指定されているのですが、
その中でも年収は1500万円以上であることが重要になります。

つまり、年収1500万円以上稼げる職業に就いていないとこの
THE CLASSを持つことは厳しいと言われています。

ブラックカードが取得できる年収は?

ブラックカードと言っても発行する会社や、そのカードのサービス内容はピンきりまであります。

また、ブラックカードを発行する会社によって審査基準もバラバラ
年収が高くてもインビテーションが来ない!
なんていう人も多いのがブラックカードになります。

ですが、ブラックカードの取得条件のもっとも重要な項目はやはり「年収」になります。

各カード会社によって、設定されている最低年収はそれぞれ異なりますが、
大体年収1000万円~2000万円は必要になってきます。

年収数百万の人でもブラックカードを持っているよー!
なんていう話も耳にしますが、そもそもブラックカードは
年会費も他の一般カードに比べて高いため年収数百万の人がブラックカードを所有していても
宝の持ち腐れになってしまうなんていうことも。

また、ブラックカードは何気に維持するのも大変です。
アメックスなどは年会費だけで35万円以上。

年間それ以上のサービスを受けていなければ所有しているだけで
勿体無いカードになってしまいます。

また、ブラックカードは他のカードとは比べ物にならないくらいの
サービス内容が充実しています。

ですので、ただお買い物の決済をする為にブラックカードを持つのであれば、
年会費の掛からない一般カードでも十分という場合も。

ブラックカードを、一般カードと同じように使いこなせるという人が
真のブラックカード保有者になるのではないでしょうか。

ブラックカードの利用限度額

ブラックカードは年会費も高いのですが、
それ以上に利用限度額が一般カードと比べ物にならないくらい高いことでも有名です。

アメックスブラックカード

利用制限なし、無制限で利用できます。無制限ということは、
このカード1枚あればカード対応なら家でも飛行機でも何でも買えてしまうというわけです。

ダイナースクラブブラックカード

利用制限なし、無制限で利用できます。
大きな買い物をする時に電話1本入れると
利用額に関係なく高い商品でもスイスイお買い物できます。

三井住友ブラックカード

総利用枠が原則300万円~となっています。利用枠に余裕があります。

JCBブラックカード

個別に設定されている(らしい)ものの、原則として350万円~となっています。
利用枠には余裕があるので限度額の心配は要らないカード。

ブラックカードの限度額というのは、各会社個別に設定されていることも多いようです。最初はブラックカードでも利用限度額100万円だったのが、どんどん使い続けるたびにこの限度額が上がっていったなんていう話も耳にします。つまり、”信用度をアップが限度額アップ”ということになるのです。せっかく高い年会費を払っているのですから、そこは上手に使って限度額を上げていきたいものですよね。

 

ブラックカードがあるとこんなに便利

ブラックカードを所有したい人は意外と多いものです。

限度額に制限がなくて、年会費だけやたら高いだけのカードじゃないの??
と思う人も多いかもしれません。
でも、実はブラックカードというカードは非常に便利なカードでもあるのです。

アメックス

最大級のサービスを受けられます。
年会費もぶっ飛んでいるカードですが、その付帯されるサービス内容も
他のブラックカードよりぶっ飛んでいるのです。

まず、コンシェルジュサービスはNOを言いません。
会員1人1人に専属専任コンシェルジュが2人つきます。
24時間365日、あなたのために動いてくれるのです。

直接話せるのは10時から18時までになりますが、
対応時間であればいつも同じコンシェルジュとやり取りが可能です。

そして、飛行機はアメックスと提携している4社は
常にファーストクラスが空いている状態ですぐに自動アップグレードされます。

また年4回まで同行者の料金も無料。

更に、電話1本入れるとジェット機のチャーターまで可能

ポイント交換プログラムではなんと宇宙旅行もできてしまうんです。
因みに、宇宙旅行をするまでのポイントは22億円分利用すると申し込みができます。

JCB

年に1度配布されるカタログは必見!
中には定価3万円以上の品物も。
年会費が5万円+税になるので、このカタログで
およそ2万円程度のキャッシュバックを受けることができるのが特徴。

また、ディズニーランドのJCBラウンジの利用も可能。
実はJCBはディズニーランドと仲良しの関係にあります。
そのため、ディズニーファンは必見のブラックカードでもあるのです。

その他

このほかにも、ブラックカードはホテル予約のとりにくいホテルに対し
無理やり宿泊予約を入れることが可能であったり、
セレブ限定のイベントへ招待してくれたり、
高級レストランや料亭の料金が半額になったりと
カードによってさまざまな付帯サービスを受けることができます。

中でもコンシェルジュサービスはそれぞれの会社でとくに注力しているので、
このコンシェルジュサービスでカードを選んでみるのも良いかもしれません。

ブラックカードのコンシェルジュサービスは
基本的にどんな無茶も聞いてくれるのが特徴。

庶民ではちょっと想像もつかないようなサービスを、
ブラックカード1枚で受けることができるのです。

年収が多い人はもちろん、眠っている財産もいっぱいあるよ!
お金持ちだよー!という人は是非、
このサービスを目的としてブラックカードを使いこなしてみてはいかがでしょうか。

ブラックカードの取得方法

各カード会社の最高峰がブラックカードになります。
このカードはゴールド、プラチナよりも上で年会費も高いのですが
それ以上のコンシェルジュサービスを受けることができるカードになります。

このブラックカードには取得条件があります。
一番手っ取り早くブラックカードを持つ方法は、
銀行の窓口へ行って5000万円を用意し「ブラックカードください」と申し込むことです。
これが一番手っ取り早い方法になります。

そんなにお金がないよ!という方がブラックカードを取得するとなると
ちょっと時間が掛かってしまいます。

ブラックカードを取得するためには、ブラックカードの審査対象となる
クレジットカードを作って毎日コツコツとお買い物→返済を繰り返していくしか方法がありません。

例えば、アメックスのブラックカードを取得したいと思ったら
アメックスのプラチナカードを利用してお買い物をする、これだけです。

ですが、アメックスのプラチナカードもゴールドカード同様に
直接ゲットできるカードではないのでまずはゴールドから始まり、
プラチナへとランクアップさせていく必要があります。

どのブラックカードも大体インビテーションの案内が届いて始めて
ブラックカード取得となります。

ですので、「ブラックカードを持つのに相応しい会員」であると評価されなければ
このインビテーションは来ないのです。

また、ブラックカードにはそれなりの審査基準というものがあります。
(年収1000万円以上であることなど)コツコツカードを利用しても、
年収もそれなりに高くないとブラックカードを持つことは難しいと言われています。

スポンサードリンク